いよいよお雑煮シーズン到来

2014/11/14カテゴリ:
3213_R

こんにちは、お雑煮マイスターの吉田です。

11月も半ばとなり、朝晩の気温もグッと冷え込み、秋から冬への移り変わりを肌で感じている今日この頃です。

さて、上着が必要となってきた今の季節は・・・
そう!お雑煮シーズンの到来です。

お雑煮やさんの定義する「お雑煮」とは、

「お餅 + 具材 + スープ = お雑煮」

 

なのです。

皆様がいつも食べているお味噌汁やミネストローネ、シチューや卵スープまで
お餅を入れちゃえばお雑煮じゃん!ってことなんです。

そこで推奨したいのが「朝ぞうに」。

ヘルシー志向のあなたも。
がっつり食べたいあなたも。
食の細いお年寄りも。
お野菜嫌いのちびっこも。
みんなにおすすめ!

ヘルシー志向の方にお勧めなのが、「野菜たっぷり朝雑煮」。

晩ごはんで残ったお野菜をザクザク切ってコンソメや中華スープに入れ、夜のうちに煮込んでおいて朝はそれを温めるだけ。温めている間に、一つのお餅を六等分にサイコロ状に切ったお餅を耐熱用に入れてお餅がかぶるくらいにお水を張りレンジで1分チンすれば煮餅の完成。水を切ってスープに入れればものの3分でお野菜いっぱいのヘルシーな朝ごはんのできあがり。
お餅をサイコロ状に切ることで、お口の中でもぐもぐ噛むので満足感もあるし、お餅の腹持ちの良さでお昼まで頑張れます!

がっつり志向のあなたには、「具だくさんのお腹いっぱい雑煮」。

具材は、あるものなんでもどうぞ!お肉に大根、ゴボウに人参、ジャガイモ、玉ねぎ、きのこ類。何でもアリです!味付けは、がっつり好きの男性の方は濃いめの味がおすすめ。
濃いめのお味噌やお醤油味で。お餅は焼いて、お好きな量を召し上がれ!
お餅を焼いて食べれば、香ばしさで食欲に火が付き、歯ごたえ十分で目も覚めますね!

食の細いお年寄りには、「しゃぶしゃぶ餅で味噌汁ぞうに」。

しゃぶしゃぶ用のお餅がおすすめです。
お味噌汁にサッと入れるだけであっという間に柔らかくなるので、コンロの前で長くお餅の様子を見ていなくていいし、何より食べやすい!一枚が薄いので、食べる量も自分の食べたい分だけ調理できますよね!
スープと一緒に食べるので、喉にもつっかかりにくいですし、噛み切る時も薄いので噛み切りやすいのも安心です。

 野菜嫌いのちびっこにお勧めなのは、「まるでチーズ!?な、お雑煮」。

お野菜嫌いのちびっこたちも、チーズは大好き!と、いう事で、
前日作った残りもののシチューの中にお野菜をさらにたっぷり投入。
キャベツやカボチャ、白菜なんかもいいですね!
すべてに火が入ったら、お餅をおろしがねで擦ります。
2.3分火を通すと・・・。あら不思議。。まるでチーズのようにトローリ。
お野菜とシチューがお餅にからまって野菜嫌いのちびっこもこれならお野菜食べれるようになりそうですよね!

と、いう事で。
お雑煮やさんがおすすめする「朝雑煮」。
あなたも試してみてはいかがですか?