ビーツのポタージュ雑煮

2016/09/13カテゴリ:タグ: ,
dsc_0087

近所の西友で生のビーツが売っていたので、「おっ!!」と、ついまた買っちゃって作ってしまいましたよ、ビーツポタージュ雑煮。(見えないけどちっこいお餅が4つほど入っているのです(^_-)-☆)
我ながら自覚してはいるんですけどね、アラフォーとも言えなくなってきてるお歳頃ですもの、やむをえなく(苦笑)おばさん化傾向著しいお雑煮やさん粕谷、
それでもたまには女子気分を味わいたくなったりもするのです。

とにかく可愛いでしょ。ピンクのスープって。

可愛らしい色味は、気分を上げてくれちゃうので、ビーツを見つけてしまうと
あっあれ作ろかな、と思ってしまうのです。
ビーツを使ったピンクの雑煮は、今まで色んなタイプのものを作ってきました。
今までで一番ヒットは、豆乳にひき肉、ごま油が決め手の「中華風豆乳ビーツ雑煮」でしたが、↓
img_2871
食の小さな冒険は色々したいので、
定番のボルシチはもちろんのこと、
ヨーグルト入りのものを作ったり、
いろんな種類の豆を入れたり、
あえて和だしで見た目と味のアンバランスにくくくと笑う汁にしてみたり、
よく遊ぶのです。

まな板が真っ赤になるビーツを使っていると、それだけで笑えるし、気持ちが華やいでしまうんです。

今回のは、ビーツにじゃがいも、牛乳、コンソメですよ。
餅は小さい餅をコロコロと入れてしまえば、30gぐらいでも、ポタージュがしっかりとお腹に満足感与えてくれるから
意外と量をとらなくても良い感じ。

夜食にも良いんじゃないかと思うんですよね。

え? これってお雑煮??、と言うなかれ。
汁の中に餅が入れば、雑煮なのです。(笑)
私は、こういう雑煮のことは、「スープZOUNI」って呼んでますけどね。
お餅って淡泊な味だから、何にでも合うんです。

時間のない朝、粉末のコーンスープの中にもお餅入れて食べてますし、
本当に何でもあり!なのです。
お手軽な軽食になっちゃいますよ。

そして、ビーツをスーパーで不意に見かけたり、ふと、ビーツの缶詰を見かけたら、
可愛いピンク雑煮にもチャレンジしてみてください!
(ちなみにビーツだけでは、「情熱的な赤」になっちゃいますから、
可愛いピンクにするときは、豆乳ベースか牛乳ベースで!)