全国のお雑煮・名古屋編

2014/10/21カテゴリ:タグ: ,
10492003_815482191819995_6615376626049196078_n[2]_R

シンプルイズベスト!

具だくさんの贅沢雑煮も魅力的ですが、ところ変われば、実にシンプルなお雑煮もあるんですよね。これまたなかなか良いのですよ。

名古屋雑煮

だしはかつお昆布だしのすまし仕立て。
お餅は角餅で角餅には珍しく煮るタイプ。
具は餅と餅菜(もちな)に鰹節のみ!究極にシンプルなのです。

名古屋の食のイメージって、味噌カツとか手羽先とか、何ていうか脂たっぷりなイメージが私にはあったんですよね。
だから、この雑煮には、意外というかやってくれるな!的な驚きが出会った時にはありました。

だって、鶏肉は入ってないし、イモ系もしいたけも入ってない。
「菜っ葉ですか??それだけですか・・・?!」
と初めて食べる人は思うんじゃないかと思うんですよね。

ところがこれまた、良いんですよね。
おだしを純粋に味わえるし、何と言ってもサッパリさわやか。
この爽やかさは、おせち料理が味付け濃いものが多いから、
胃をなぐさめてくれそうな感じ(*^_^*)


そして、お雑煮ってどの地方のものもそうなんですけど、
ダジャレみたいな縁起かつぎしてるものが多くて・・・
名(菜)を上げるためモチ菜を入れ、ミソをつけないためにすまし汁で、城(白餅)が焼けるのは避けてるんだそうです。ホントかねぇ?武家っぽいなぁ。。(笑)

そして、餅菜(正月菜とも言う)ってなんだい?と知らない方も多いはず。これも伝統野菜。かなり小松菜に似ているんですが、ちょっと肉厚で歯ごたえがあるのが特徴。

実はこの餅菜も去年は自宅で種から育てちゃったんですよ~私。
・・・おたく?マニア?と思っちゃいました??
そう!!だからお雑煮やさんになったわけでございますの(^_-)